楽天カードは使い方によってメリットがデメリットに変わることがある

インターネットで簡単にカードを作ることが出来る楽天カードは専業主婦の方でもカードが作れるという事で人気のクレジットカードなのです。そんな楽天カードですがメリット・デメリットがありそれぞれ挙げてみます。

 

まず、メリットは公共料金を楽天カードで支払う事によりポイントがドンドン貯まっていき、貯まったポイントを使って買い物が出来るのです。カードの申し込みもオンライン上で必要事項だけ記入して申し込みが出来ます。他のカードは身分証明書などを一緒に提出しなくてはいけないのですが、楽天カードの場合はカードを配達してくれた人が身分証明書をその場で確認するだけなので簡単に終わらせることが出来るのです。そして何よりポイントの還元率が高く、ポイント2倍などもあるのでポイントも貯まりやすくなっています。

 

逆にデメリットとなると、それだけ人気の楽天カードなので広告などの宣伝も多く、こまめに広告メールが送られてきます。そして、利用者が多いだけに問い合わせも多いのでお客様サービスセンターへ問い合わせしても繋がりにくいのも難点です。そして、その問い合わせの通話料も有料なので待たされる事になるとそれだけ料金がかかるのです。

 

そして、何よりのデメリットは急にカードが使えなくなる場合があるのです。他社カードを使用していて利用履歴が悪かったりする場合、例えば、他社カードでも料金が未払いのままだったりすると、すぐに楽天カードも止めれてしまい使えなくなることがあるので気をつけなくてはいけません。

楽天カードのメリット、デメリットとは?

楽天カードのメリットとして、まず楽天カードは、入会費、年間費が無料であるということなどが挙げられます。このため、だれもがクレジットカードを作成することができますし、気軽に使い続けることができるので、この辺りはとても良いと思います。

 

また、楽天カードを使って、楽天市場、または楽天の提携店などでのショッピングをすると、ポイントを貯めることができるという点が大きなメリットだと思います。買い物をすることで貯まったポイントは、ほかの何かにポイントを交換することができます。楽天サイトをよく使うという方や、ポイントの加盟店などを使う方にもおすすめとなっています。

 

ポイントは自動的に買い物で貯まりますので、楽天カードを使うことで、とてもお得に買い物ができるという点はとても良いと思います。また、海外旅行保険などが利用付帯されているので、海外旅行によく行くという方は便利だと思います。

 

楽天カードのデメリットとして、ETCカードの場合には、年会費540円がかかってしまうことです。このため、利用法によっては、年会費がかかってしまうので注意をしなければなりません。また、利用明細を発行するのにも費用がかかりますし、またコールセンターへの問い合わせの電話なども、フリーダイヤルではありません。

 

こういった点で費用がかかるのがデメリットだえるといえるでしょう。しかし、メリットの方が多いカードでありますので、楽天カードは、総合的に利用するのはお得であるといえます。