買い物はネット派という人にオススメのカード

リクルート社が発行するリクルートカードは、年会費無料で家族カードも無料という、極めて手軽な性質を持つカードです。発行の上でのデメリットは、カード入れを占領するカードが一枚増えるといった程度で、放置しても使う機会を見つけられなかったとしても、負担を被ることはありません。

 

リクルートカードの還元率は1.2%と、年会費無料のカードの中ではとても高く、効率よくポイントを貯めて特典を得ていくことができます。その中心はリクルートポイントですが、Pontaへの変更も可能なので、普段からリクルート系のサービスを使用しない人でも、ポイントを無駄にせずにカードのメリットを十分に味わえます。

 

ただじゃらんやホットペッパーグルメにビューティ、ポンパレモールなど、サービス利用で還元率がさらに高まるというお店はネットの上に集合しているので、日常生活の中心がネットの中にある人の方が、カードの魅力は感じやすくなります。買い物をするのも旅行の予約をするのも、店舗よりもネット派という人の方が、リクルートカードを使いこなせるというのは純然たる事実です。

 

ネットの中での使用の一切を行わなかった時に、カードの魅力の全てが味わえなくなってしまうのは、考えようによってはデメリットといえるかもしれません。リクルート系のサービスを多く使用しているのなら見逃す理由もないというものですが、生活の中にリクルートがなく、他に活用しているカードもあるのなら、あえてリクルートカードを求める必要は皆無です。