UCSカードを使ってみる価値があるか

これからクレジットカードを作りたいと思っている人もいるかと思います。

ですが、実際にクレジットカードを作ろうと思った時にどこのクレジットカードを作ったら良いか分からないという人も多いと思います。

 

そして、そういう人の中には特定のお店で頻繁に買い物をするという方もいるかと思います。その中でもピアゴたアピタやコンビニのサークルKサンクスで買い物をするという人におすすめなのがUCSカードになります。

 

なぜなら、UCSカードならピアゴやアピタでの買い物でこのUCSカードを使って支払いをすればすぐにポイントが貯まってお得に買い物ができるようになるからです。

 

またよく利用するコンビニがサークルKサンクスならポイントが2倍になる日があるのでその日にサークルKサンクスに買い物をしに行く事が多いならUCSカードを持っておいて損はないです。

 

またUCSカードは他のクレジットカードよりもお得なチケットが送られてくる事が多いように感じるので同じクレジットカードを作るならUCSカードを選んだ方が良いと感じる事が多いと思います。

 

またクレジットカードでよくポイントが貯まるからお得になると思って作ってみたら交換できる物が限定されていたりして思ったよりもお得感がなかったりするのですが、このUCSカードを作ってみると貯まったポイントを金券と交換できるので、かなりお得感があります。

なので、これからクレジットカードを作ろうと思っているなら
UCSカードを作ってみるのはありです。

ライフカードのメリットやデメリットについて

ライフカードはテレビや雑誌などでも広く宣伝されているので名前を知っている人は多いと思います。信頼のできるクレジットカード会社ですから一枚持っていても損は無いカードだと言えるでしょう。ライフクレジットカードのメリットは色々ありますが、まず年会費が永久無料という点はもっとも嬉しいサービスだと言えます。

 

年会費がかかるクレジットカードは、やはり手軽さの点から言えばなるべく避けたいものです。ですがライフクレジットカードならそんな心配はカードを持ち続けている間は一切ありません。

 

そして次に嬉しいメリットとしては誕生日月は買い物をするとポイントが3倍になることです。逆に言えば誕生日月にライフカードを使用するとそれほどポイント還元率が良く無いので誕生月を狙って大きな買い物をするとよりお得ということになります。

 

ライフカードのポイントは残念ながら永久不滅ではありません。ただ有効期限は5年間なので期間的にはかなり長い方だと言えます。ですからじっくりポイントを貯めて、5年以内にポイントを交換すれば良いので案外条件は悪くはありません。

 

ライフカードのデメリットとしては、海外旅行保険などの付帯が無いところでしょう。大手のクレジットカードではたいてい海外旅行保険が付帯しているので海外旅行に行く機会が多い人にはライフカードは少しお得感に欠けるかもしれません。

 

全体的にはライフカードは決して使い勝手が悪いクレジットカードではありません。一枚作っておいても決して損は無いカードだと言えると思います。

マルイだけじゃない、色々お得なエポスカード

全国にある百貨店の中でも、有名な所のひとつがマルイです。駅前の立地にある事も多く、最寄り駅の近くや、勤務先の帰りの買い物にも便利に使えます。また、入っているショップの数も多く、ファッションからインテリア、日用品など豊富なジャンルのお店が揃っているのも特徴です。

 

マルイで買い物をする機会が多い方や、クレジットカードでの支払いが多い方に特にお得になっているのが、エポスカードです。エポスカードはマルイが発行しているクレジットカードですが、支払いに使えるだけでなく、色々なお得な特典を受ける事もできます。

 

例えば、マルイでのお支払いだけでなく提携先での支払いに利用すると、5%オフの特典が受けられるなどです。提携先も、レストランやショッピング、映画館やレジャー施設など多岐に亘ります。普段マルイを利用していて、転勤などでマルイが近くにない地域に引っ越しとなった場合でも、お得に利用できる施設がたくさんあります。

 

もちろん、マルイでの買い物の際にエポスカードで支払いを行うとポイントが貯まります。このポイントを利用して支払いをする事もできます。マルイ系列のショップだけでなく、マルイの中に入っている店舗なら他のブランドショップでももちろん可能です。

 

年会費や入会金も、無料で利用できる為気軽に持てるクレジットカードとなっています。しかも、キャンペーン中に申し込みをすると、さらにポイントが多く付帯した状態でカードを持てるキャンペーンも多く行っています。

三井住友VISAカードを使う事のメリット

おしゃれなデザインのクレジットカードを持ちたいという方には、三井住友VISAカードがおすすめです。なぜなら、三井住友VISAカードは銀行系のカードなので知名度や信頼度もあり、デザインもスタイリッシュに見せることが出来るのでどこのお店で使っても恥ずかしくないからです。

 

では、三井住友VISAカードを使う事にはどのようなメリットがあるのでしょうか。一番大きいメリットは安心感です。VISAカードは、世界で一番のシェアを誇り、日本では一番初めに三井住友VISAが発行されました。最大手であり、セキュリティや保障がしっかりしているので海外でも安心してカードを使うことが出来ます。

 

次に、ほぼ全ての三井住友VISAカードが初年度の年会費が無料で作ることが出来ます。これが凄いのはゴールドカードの年会費もインターネットから申し込みをすれば無料になるという点です。

 

ゴールドカードは特典が沢山あるので初年度から年会費がかかるのが一般的ですが、三井住友VISAカードのゴールドカードは初年度の年会費がかからずに使えます。
さらに、2年目以降の年会費はゴールドカードは60%オフになりますし、一般カードは無料で使うことが出来ます。

 

最後に、三井住友VISAカードはUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)のオフィシャルカードなのでUSJの入園料が割引されます。期間によって割引率は変化しますが非常にお得なので、USJに多く行く方は三井住友VISAカードを持っておきましょう。
スタイリッシュなデザインで安心感のある三井住友VISAカードを是非使ってみてください。

入金制限額とチャージ時間などに関する注意点

マネパカードで、ビットコインの両替などは可能です。またそのコインを用いて、買い物をする事もできます。ただし幾つか成約などもありますから、覚えておく方が良いでしょう。

 

まずマネパカードの入金制限額です。カードに対しては、無制限の金額で入金できる訳ではありません。
というのもこのカードは、1日10万というルールがあるのです。ちなみに現時点でのビットコイン価格は、25万円台になります。

 

したがって1日に購入できるビットコインは、だいたい0.4コインという事になります。1コインではありませんから、注意が必要です。もちろん入金できる金額は、レートにも左右されます。

 

それとチャージされるタイミングなどには、ちょっと注意を要します。マネパと提携しているZaifという金融業者は、入金処理自体は随時受け付けているのです。ただし実際にカードにチャージされるタイミングは、16時前後となります。

 

それでマネパカードにはチャージに関する締め切りがあって、11時59分までに入金申請が完了した手続きに限り、当日16時に口座に反映されるのです。したがって12時01分や13時以降などのチャージ手続きの場合は、翌日扱いになってしまうので注意が必要です。

 

また土日なども、少し注意を要するでしょう。当然ですが、土日は金融業者は休日になっています。したがって休日に手続きを行いたいと思っても、業者がクローズ状態になっているでしょう。平日の16時まで待つ必要はあります。

 

そういった様々な制約はありますが、マネパカードでコイン両替を行う事自体は可能です。

Yahoo!JAPANカードのメリットについて

ポータルサイトやショッピングサイト、日本最大のオークションサイトなどインターネット関連のサービスを提供しているYahooが発行しているクレジットカードがYahoo!JAPANカードです。

 

Yahoo!JAPANのサービスをよく利用する人にとってはYahoo!JAPANカードを利用することによって大きなメリットを受けることができます。Yahoo!JAPANカードのメリットは主に3つあります。

 

一つ目はYahoo!JAPANカードは年会費が永年無料ということです。これだけでもYahoo!JAPANカードは持っていても少なくとも損はないということです。同時にYahoo!JAPANカードの家族カードも年会費無料で利用できます。

 

二つ目はYahoo!JAPANカードのポイントはTポイントであるということです。Yahoo!JAPANカードの利用でTポイントが1%貯まります。Tポイントはコンビニやガソリンスタンド、レストランなど使い道がたくさんあるので、Tポイントは価値の高いポイントといえます。それにTポイントの提携先ではYahoo!JAPANカードを支払いに使うことによってTポイントをダブルにもらえることになります。

 

最後にヤフオクやヤフーショッピングなどではポイントがたくさん貯まることです。キャンペーンやポイント還元率の高い時を狙えばあっという間にTポイントがたまっていきます。Yahoo!JAPANカードは他のクレジットカードと比べてもポイントがたまりやすいカードなのです。

海外用プリペイドカードを作る時に見たいポイント

海外用のプリペイドカードを新しく作りたい、と思っている女性も多いにではないでしょうか。今は、色々な種類の海外用プリペイドカードが誕生し、それぞれのカードごとに特徴があります。特に、初めて海外用プリペイドカードを作りたい場合には、どのカードにすれば分からない女性の方でも、分かりやすいポイントについて見てみましょう。

 

ひとつめが、発行手数料や年会費の有無です。海外用プリペイドカードをせっかく作成しても、年度によっては全く使わない時も出てきます。そんな時でも、年会費がかかってしまうと損と思ってしまう事も珍しくありません。けれども、今はほとんどの海外用プリペイドカードで発行手数料・年会費共に無料となっています。

 

ふたつめが、セキュリティの面です。海外用プリペイドカードを紛失してしまった時、また海外では盗難の心配もありますよね。力のない女性は、強盗に抵抗すると自分が大けがをしてしまう可能性が高いので、万が一強盗に襲われた時には、貴重品などは諦め、自分の身の安全を考える必要があります。

そんな時でも、セキュリティ面での対応がしっかりしている海外用プリペイドカードなら、被害を最小限に抑える事ができます。

 

具体的には、紛失や盗難をした時点での残高金額の保証が受けられる、利用停止の手続きも電話だけでなくインターネットでも可能などの対応が用意されています。また、海外でのスキミング対策にICチップを採用しているカードも多くなっています。

買い物はネット派という人にオススメのカード

リクルート社が発行するリクルートカードは、年会費無料で家族カードも無料という、極めて手軽な性質を持つカードです。発行の上でのデメリットは、カード入れを占領するカードが一枚増えるといった程度で、放置しても使う機会を見つけられなかったとしても、負担を被ることはありません。

 

リクルートカードの還元率は1.2%と、年会費無料のカードの中ではとても高く、効率よくポイントを貯めて特典を得ていくことができます。その中心はリクルートポイントですが、Pontaへの変更も可能なので、普段からリクルート系のサービスを使用しない人でも、ポイントを無駄にせずにカードのメリットを十分に味わえます。

 

ただじゃらんやホットペッパーグルメにビューティ、ポンパレモールなど、サービス利用で還元率がさらに高まるというお店はネットの上に集合しているので、日常生活の中心がネットの中にある人の方が、カードの魅力は感じやすくなります。買い物をするのも旅行の予約をするのも、店舗よりもネット派という人の方が、リクルートカードを使いこなせるというのは純然たる事実です。

 

ネットの中での使用の一切を行わなかった時に、カードの魅力の全てが味わえなくなってしまうのは、考えようによってはデメリットといえるかもしれません。リクルート系のサービスを多く使用しているのなら見逃す理由もないというものですが、生活の中にリクルートがなく、他に活用しているカードもあるのなら、あえてリクルートカードを求める必要は皆無です。

ローソンカードを作ったことがあります

10年ほど1人暮らしをしていました。引っ越しをする度に家から1番近いコンビニのポイントカードを作っています。その中でローソンでクレジット機能付のカードを作ったことがあります。当時はポイントのみのカードがなく、クレジット機能付しか作れませんでした。毎日コンビニに行くのでやはりポイントが貯まるのはかなりお得です。

 

現金払いでカードだけ提示してポイントを貯めることも可能なので現在はそうして利用しています。ファミリーマートでもクレジット機能付きのカードもありますが、私はツタヤのTポイントカードを持っていたのでそれを利用していました。セブンイレブンでは独自のnanacoカードがあり、それを持っています。チャージ式なのでクレジットではありませんがポイントはたまっていき、現金としてカードにチャージできたりします。

 

私はネットショッピングや光熱費の支払いはカードですが、普段は現金派なのでコンビニでは現金払い(セブンイレブンではナナコカード払い)でポイントのみ貯めるようにしています。
コンビニはほぼ毎日利用するのでカード払いにするとかなり金額がいってしまいそうでこわいからです。

 

しかし、カードの利点はやはりポイントがつくことですので、ローソンやファミリーマートのポイントカードを作るときにとりあえずクレジット機能付きを作っておき、それを利用して支払いをすれば、毎回現金のやりとりがなくて支払いも楽ですしポイント還元率もよく、結果的にお得だと思います。せっかくポイントを貯めるならコンビニ用として1枚クレジットをもつと便利だと思います。

マイルが溜まりやすいクレジットカードとは。

マイルが溜まりやすいクレジットカードとは、やはり航空会社が出しているクレジットカードがマイルが溜まりやすいものです。
しかもこのこの航空会社のクレジットカードは他のクレジットカートよりも倍にマイルを貯めやすいものが多いです。

 

ただ初年度は年会費が無料のものが多いですが2年度になると年会費が発生するものも出てきますのでクレジットカードによって確認することが必要ですね。

 

また特に気をつけておくべきことはマイルの有効期限などがあるものも出てきます、マイルの年会費が決まっているものはできるだけ有効期限などに使い切っておくことが無駄にならないことでしょう。
無期限のクレジットカードもあるのでこれも確認しておくことは必要です。

 

もし予算に余裕があるのならばクレジットカードならばゴールドカードのすることで多くのマイルがためやすくなります、その分年会費などがかかるのが難点ですがそれ以上に還元されるので元は取れるものだと思います。

 

またもしまだまだクレジットカードを作ろうと思うのならばキャンペーンを利用することでお得に貯めやすくなるでしょう。
入会キャンペーンなどで倍率やマイルなど還元されることでよりためやすくなるからです。

 

このようにマイルを重点的に貯めやすいものクレジットカードは、航空会社のクレジットカードを使うことがマイルをためやすいものでしょう。
年会費と有効期限などを確認して使うことでよりよくマイルを貯めて旅行へする事ができるようになるものでしょう。